ホーム > 明日の京都 - 京都府 施策ナビ > 京都式地域包括ケアセカンドステージ事業費 (在宅療養支援パワーアップ事業費)(平成29年度)

ここから本文です。

まゆまろ事業 京都式地域包括ケアセカンドステージ事業費
(在宅療養支援パワーアップ事業費)きょうとしきちいきほうかつけあせかんどすてーじじぎょうひ(ざいたくりょうようしえんぱわーあっぷじぎょうひ)

健康福祉部

高齢者が在宅で安心して暮らせるよう、より手厚い医療・介護サービスを提供するための活動や病院の機能強化等を支援
明日の京都 医療・福祉の安心 長寿の安心
キーワード 高齢者 医療・薬事 セーフティネット(暮らしの安全・安心)
予算種別 平成29年度当初予算
予算額 581,530,000円
担当課と連絡先 (1) 高齢者支援課 介護計画・企画担当 075-414-4567
(3) 高齢者支援課 地域包括ケア推進担当 075-414-4573
(2) 医療課 地域医療担当 075-414-4744
親事業 京都式地域包括ケアセカンドステージ事業費

事業内容

(1)手厚い医療・介護サービス提供体制の構築

50,000千円

  • 在宅療養者が病状増悪時等に安心して在宅療養生活が送れるよう、地区医師会や医療機関が連携した拠点の運営や在宅チームの活動を支援

(2)在宅療養を支援する病院機能の強化

475,000千円

  • 在宅医療機能の充実と病床機能の強化に向け、ハード整備と人材育成確保等をパッケージで支援する独自制度の創設

(3)認知症地域サポート力の強化

56,530千円

  • 認知症の人に寄り添い、本人・家族の支援を行う認知症リンクワーカーの活動を支援
  • 行方不明時の捜索ツールの導入支援や広域見守り訓練を実施

ヘルプ(H)

ヘルプウィンドウを閉じる

ブックマーク(D)

現在のページ

ブックマークリスト

ブックマークウィンドウを閉じる