ホーム > 明日の京都 - 京都府 施策ナビ > あんしん医療強化事業費 (がん対策特別強化事業費) (丹後医療圏がん診療体制整備事業費)(平成29年度)

ここから本文です。

あんしん医療強化事業費
(がん対策特別強化事業費)
(丹後医療圏がん診療体制整備事業費)あんしんいりょうきょうかじぎょうひ(がんたいさくとくべつきょうかじぎょうひ)(たんごいりょうけんがんしんりょうたいせいせいびじぎょうひ)

健康福祉部

丹後医療圏で初となるがん診断からがん治療までを一体的に実施する「がん診療棟」を京都府立医科大学附属北部医療センターに新築整備し、丹後医療圏におけるがん対策を強力に推進
明日の京都 医療・福祉の安心 ふるさと定住
キーワード 医療・薬事 健康づくり・健康対策
予算種別 平成29年度当初予算
予算額 31,000,000円
担当課と連絡先 健康対策課 がん対策担当 075-414-4739
親事業 あんしん医療強化事業費

事業概要

実施設計費

(1)内容

診断 がん診断機器(PET-CT)【新設】
治療 放射線治療機器(リニアック)【新設】
外来化学療法室の拡大(7→10床)【拡充】

(2)効果

  • がん死亡率が最も高い丹後医療圏において、他県や他圏域へ行かずとも、「小さながん」の早期発見と集学的治療(化学療法、手術、放射線治療)が可能となることで府民に大きな安心を提供
  • 高齢化率の高い丹後医療圏において、特にPET-CTは認知症検査や心臓検査などにも応用ができ、地域の医療需要に的確に対応

スケジュール

㉙実施設計、㉚〜㉛工事(予定)

ヘルプ(H)

ヘルプウィンドウを閉じる

ブックマーク(D)

現在のページ

ブックマークリスト

ブックマークウィンドウを閉じる