ホーム > 明日の京都 - 京都府 施策ナビ > 鴨沂高校校舎等整備費(平成29年度)

ここから本文です。

鴨沂高校校舎等整備費おうきこうこうこうしゃとうせいびひ

教育委員会

鴨沂高校施設について、一部改築・一部改修による耐震化を図り、安心・安全な教育環境を整備するとともに、歴史と伝統を活かした京都らしい高校としてリニューアル整備
明日の京都 学びの安心
キーワード 高校教育 府立施設
予算種別 平成29年度当初予算
予算額 2,337,754,000円
担当課と連絡先 管理課 管理担当 075-414-5768
高校教育課 高校改革担当 075-414-5853
親事業 府立学校施設整備費

施設整備方針・概要

明治5年創立の「新英学校及び女紅場」から受け継ぐ伝統と歴史を継承し、多様なニーズに応える教育活動が実践できる学校として、新しい教育システムへの対応及び安心安全な教育環境と歴史的・文化的価値の継承の両立を実現

保存改修校舎 約3,500m2 本館棟、旧図書館棟
新築校舎 約6,700m2 校舎棟・駐輪場等
体育施設 約8,500m2 屋内体育施設(アリーナ、格技場、プール)、多目的コート、グラウンド

① 多様なニーズに応える教育活動を実現する新しい施設

  • 習熟度別授業が可能となる、少人数教室や多目的教室を各階に配置
  • 図書室を中心に学習メディアセンターを配置し、学習支援機能を充実
  • 水泳競技(水球・シンクロ等)の拠点校として、温水プールを整備

② 歴史的・文化的価値の継承

  • 外観意匠及び内部空間が特徴的な本館棟の保存・改修
  • 九条家ゆかりの正門、旧図書館の保存・改修を通して、寺町通からの景観に配慮

③ 環境・災害対応、安心・安全な教育環境

  • 保存校舎は改修により耐震性を確保し、スロープ・エレベーター等によるバリアフリー化、新築校舎は自然の風や光を取り入れた建物形状に配慮

事業計画

年度 概要 事業費
平成25〜28年度
  • 設計、埋蔵文化財調査
  • 既存建物解体、改築等工事
  • 仮校舎借用
2,598,146千円
平成29〜30年度
  • 埋蔵文化財調査
  • 改築等工事(土壌改良含む)
  • 仮校舎借用
㉙ 2,337,754千円
債務負担行為額
㉚ 1,063,000千円
※備品整備・移転費等は含まず

※工事完成は平成30年夏頃の予定

ヘルプ(H)

ヘルプウィンドウを閉じる

ブックマーク(D)

現在のページ

ブックマークリスト

ブックマークウィンドウを閉じる