ホーム > 明日の京都 - 京都府 施策ナビ > ドメスティック・バイオレンス対策事業費(平成29年度)

ここから本文です。

ドメスティック・バイオレンス対策事業費どめすてぃっく・ばいおれんすたいさくじぎょうひ

府民生活部, 健康福祉部

家庭支援総合センター(配偶者暴力相談支援センター)を中心に市町村や関係機関の連携、協力のもと被害者の相談、保護、自立支援等を実施
明日の京都 子育て・子育ちの安心 人権尊重 男女共同参画
キーワード セーフティネット(暮らしの安全・安心) 人権
予算種別 平成29年度当初予算
予算額 15,374,000円
担当課と連絡先 男女共同参画課 企画・推進担当 075-414-4291
家庭支援課 家庭福祉担当 075-414-4582

内容

区分 内容 所管
相談窓口

(4,506千円)

  • DV相談支援センターの運営(府南部・北部)
  • DV専用電話相談の実施
  • 夜間・休日相談の窓口設置
  • 婦人相談員の配置・研修(二次被害防止)
  • 市町村相談員等に対する研修
  • 法律相談窓口の設置

家庭支援課

専門的指導の確保

(3,000千円)

  • 心理療法士によるカウンセリング

家庭支援課

一時保護機能

(4,849千円)

  • 一時保護委託先の確保
  • 保育士の配置
  • 同伴児童への学習支援
  • 民間シェルターと連携・協力した被害者支援
  • 同伴児童に対するオリエンテーションの実施

家庭支援課

被害者の自立支援

(2,234千円)

  • 自立支援グループワークの実施

男女共同参画課

  • 通訳の派遣(外国人被害者への対応)
  • 診断書料の給付(保護命令申立て、就職時の健康診断等)
  • 被害者の地域生活を支援する「地域生活サポーター」の養成・活用

家庭支援課

協力機関の連携・協力

(143千円)

  • 配偶者等からの暴力に関するネットワーク京都会議の運営
  • 生活保護等の円滑な適用
  • DV相談支援センター機能の広報啓発

男女共同参画課
家庭支援課

啓発

(642千円)

  • DV啓発カードの作成・設置
  • 啓発講座

男女共同参画課

ヘルプ(H)

ヘルプウィンドウを閉じる

ブックマーク(D)

現在のページ

ブックマークリスト

ブックマークウィンドウを閉じる