ホーム > 明日の京都 - 京都府 施策ナビ > 単独公共事業執行平準化対策費(平成29年度)

ここから本文です。

単独公共事業執行平準化対策費たんどくこうきょうじぎょうしっこうへいじゅんかたいさくひ

建設交通部

年度当初時期の工事量の減少を緩和し、年間を通じて円滑な工事執行を図るため、出水期までに施工する必要がある箇所等について債務負担行為により施工し、年間を通じた仕事量の確保を図る。
明日の京都 暮らしの安心 交流連帯
キーワード 危機管理・防災 公共事業、社会基盤・社会資本 府立施設
予算種別 平成29年度9月補正予算
予算額 2,500,000,000円 (債務負担行為限度額)
担当課と連絡先 監理課 経理担当 075-414-5173

事業概要

債務負担行為として今年度中に事業着手することにより以下の対策を講じる。

  • ① 出水期(6月頃〜10月頃)までに施工する必要がある箇所
  • ② 地元調整等から年度当初の工事着手が必要(可能)な箇所
  • ③ 夏場の交通規制困難期までに施工する必要がある箇所  等

(単位:百万円)

実施内容 債務負担行為限度額
道路・街路事業等 1,650
河川・砂防事業 740
都市公園事業 110

ヘルプ(H)

ヘルプウィンドウを閉じる

ブックマーク(D)

現在のページ

ブックマークリスト

ブックマークウィンドウを閉じる