ホーム > 明日の京都 - 京都府 施策ナビ > 「お茶の京都」事業費(平成30年度)

ここから本文です。

お茶の京都 「お茶の京都」事業費「おちゃのきょうと」じぎょうひ

企画理事(地域構想推進担当), 政策企画部, 文化スポーツ部, 商工労働観光部, 農林水産部, 建設交通部

お茶の京都イメージ写真

美しい茶畑景観やお茶の文化を維持・継承するとともに、その魅力をさらに高めて国内外に発信することにより、山城地域に大交流圏を形成するため、DMO等とともに、地域の魅力を活かした持続可能な地域振興や産業振興を推進する。
明日の京都 産業革新・中小企業育成 交流連帯 希望に輝く地域づくり
キーワード 農業 地域振興 地域創生 交通・物流 観光 3つの京都(「海の京都」「森の京都」「お茶の京都」) 食・ブランド京野菜、京もの 生物多様性・自然環境
予算種別 平成30年度当初予算
予算額 841,732,000円 (国庫183,356,000 / 起債127,000,000 / その他32,500,000 / 一般財源498,876,000)
担当課と連絡先 ①企画理事付 075-414-4529
企画総務課 企画調整担当 075-414-4336
②スポーツ振興課 国際大会等誘致担当 075-414-4252
総合就業支援室 京都ジョブパーク担当 075-682-8913
③観光政策課 観光振興・基盤整備担当 075-414-4841
④農村振興課 計画基盤担当 075-414-5048
農村振興課 移住促進担当 075-414-4906
農村振興課 里力再生担当 075-414-4906
⑤流通・ブランド戦略課 研究普及担当 075-414-4968
⑥農産課 宇治茶・特産振興担当 075-414-4944
⑦交通政策課 調整担当 075-414-4360

事業内容

DMOによる「お茶の京都」の持続的展開

76,818千円

  • DMOが観光地域づくりの総合プロデューサーとして、戦略的な地域ブランド化、観光交流・観光消費額の拡大を図り、地域の稼ぐ力を創出
  • 「お茶の京都」の取組で醸成された地域のつながりや盛り上がりの機運をターゲットイヤー後も持続・発展させていくためのイベントの実施等

宇治茶の文化の価値・魅力の発信、受入基盤の強化

495,294千円

  • 宇治茶の世界文化遺産登録推進のための景観資産価値向上
  • 宇治茶のプレミアムブランド化の取組の推進等

「お茶の京都」を支えるお茶産業の新展開

269,620千円

  • 茶業研究所の機能強化のためのリニューアル整備の実施
  • 乗用摘採機に対応するための急傾斜茶園の緩斜面への整備
  • 宇治茶生産の効率化と高品質化のための被覆棚施設整備や茶園管理機械導入を支援等

ヘルプ(H)

ヘルプウィンドウを閉じる

ブックマーク(D)

現在のページ

ブックマークリスト

ブックマークウィンドウを閉じる