ホーム > 明日の京都 - 京都府 施策ナビ > 京都RESAS事業費(平成30年度)

ここから本文です。

京都RESAS事業費きょうとりーさすじぎょうひ

政策企画部

新たな情報通信技術やオープンデータ等の活用による行政の変革と府民との連携・協働による地域の活性化のため、様々なデータや情報を蓄積・共有し、多様な主体との連携・協働による「スマート京都」を推進する。
明日の京都 「明日の京都」の推進のために
キーワード 地域創生 府政運営
予算種別 平成30年度当初予算
予算額 6,000,000円 (国庫3,000,000 / 一般財源3,000,000)
担当課と連絡先 企画総務課 企画調整担当 075-414-4336
情報政策課 スマート情報化・セキュリティ担当 075-414-5961
企画統計課 情報分析担当 075-414-4483

事業内容

国の「地方公共団体オープンデータ推進ガイドライン」を踏まえた事業の量的・質的拡充

(1)オープンデータ推進事業

【情報政策課・企画統計課】

府のオープンデータをはじめ、RESAS等の外部データも活用した横断的分析による課題の「見える化」を行う「京都データストア」の運営

(2)オープンデータ利活用事業

【企画総務課】

  • 京都府データサイエンティストの育成
  • データ等を活用した施策の立案、地域の課題解決推進
※「京都データストア」
https://www.datastore.pref.kyoto.lg.jp/
※オープンデータ
二次利用可能なルールの下で機械判読(コンピュータが自動的にデータを加工・編集等できる)に適した形で公開される、国・地方公共団体などが保有する公共データ
※RESASリーサス(地域経済分析システム)
国が提供する、産業構造や人口動態、人の流れなどの官民ビッグデータを集約し、地図やグラフを用いて表示するサイト

ヘルプ(H)

ヘルプウィンドウを閉じる

ブックマーク(D)

現在のページ

ブックマークリスト

ブックマークウィンドウを閉じる