ホーム > 明日の京都 - 京都府 施策ナビ > 「文化のみやこ・京都」推進事業費(一部再掲) (一部明治150年京都創生事業費)(平成30年度)

ここから本文です。

まゆまろ事業 「文化のみやこ・京都」推進事業費(一部再掲)
(一部明治150年京都創生事業費)「ぶんかのみやこ・きょうと」すいしんじぎょうひ(いちぶさいけい)(いちぶめいじひゃくごじゅうねんきょうとそうせいじぎょうひ)

文化スポーツ部

文化力による京都の活性化のため、文化を継承し、新たな文化を創造する次世代の人づくりや地域文化の活用による個性豊かな地域づくりにより「文化のみやこ・京都」を一層推進する。
明日の京都 学びの安心 人づくり 文化創造 希望に輝く地域づくり
キーワード 高校教育 人材育成・人づくり 文化振興・文化財 地域振興
予算種別 平成30年度当初予算
予算額 284,743,000円 (国庫67,057,000 / 起債105,000,000 / 一般財源112,686,000)
担当課と連絡先 ①文化政策課 企画・生涯学習担当 075-414-4217
文化政策課 拠点整備担当 075-414-4225
②文化芸術振興課 文化創生担当 075-414-4219
文化芸術振興課 芸術担当 075-414-4231
③文化交流事業課 文化交流事業担当 075-414-4279

内容

事項 概要
心ゆたかな芸術・文化のまちづくり事業費【新規】①

4,000千円

福祉施設での若手や障害のあるアーティストの作品展示等、年齢・障害、経済状況、居住地域を問わない文化・芸術による共生社会の実現のための取組を実施
文化のこころ育成事業費【新規】①②

5,500千円

幼稚園等への芸術家の派遣等、就学前の感性豊かな時期に文化・芸術に触れる機会を提供
芸術村づくり事業費①(一部再掲)

4,600千円

若手芸術家や地域で活動する劇団等の発表の場を創出し、府内のどこにいてもアートやパフォーマンスに親しめるギャラリーやシアターを実施
文化を未来に伝える次世代育み事業費【拡充】②

22,600千円

児童生徒に対し、質の高い文化・芸術及び伝統文化を体感する機会を提供することにより、豊かな心の育成を図り、文化芸術の振興、次世代継承の取組を実施
文化芸術施設整備費【拡充】①

113,608千円

文化芸術振興の「拠点」としての機能及び発信力を強化するため、緊急度の高い施設や設備の充実・機能回復を実施
「ほんまもん」の京文化創造発信事業費②

37,475千円

京都府が核となり、京都文化を支える文化芸術団体の分野横断的連携を促進するとともに、各分野の芸術活動を振興し、新たな京都文化を創造
京都新文化マーケット創出事業費【拡充】②

54,000千円

文化を活かした新たな産業創出や産業界と連携した新たな文化マーケットの創出のため、作家自らが販売等を行う見本市「ワールドアーティストフェア京都」や若手作家の選抜展覧会「Kyoto Art for Tomorrow」等を実施
全国高校生伝統文化フェスティバル開催費③

21,000千円

伝統文化の次世代への継承・発展のため、全国トップレベルの高校生が京都に集い、日頃の成果を披露し合うとともに、新たな出会いと交流の場となる文化フェスティバルを文化庁等と共同開催
京都Re-Search芸術祭創生事業費【拡充】③

24,960千円

地域アートマネージャー等を配置し、リサーチを主とした短期アーティスト・イン・レジデンス(AIR)と、その成果を踏まえた制作発表を伴う中期AIR を府内各地で展開することにより、地域文化資源発信型のAIRの開催に向けた取組を推進

ヘルプ(H)

ヘルプウィンドウを閉じる

ブックマーク(D)

現在のページ

ブックマークリスト

ブックマークウィンドウを閉じる