ホーム > 明日の京都 - 京都府 施策ナビ > 京都式地域包括ケアセカンドステージ事業費 (介護予防地域支え合い事業)(平成30年度)

ここから本文です。

まゆまろ事業 京都式地域包括ケアセカンドステージ事業費
(介護予防地域支え合い事業)きょうとしきちいきほうかつけあせかんどすてーじじぎょうひ(かいごよぼうちいきささえあいじぎょう)

健康福祉部, 商工労働観光部

「京都式地域包括ケア」のイメージ画像

介護予防体制強化のため、多様なサービスの実施主体(事業所、NPO、ボランティア等)を育成する。
明日の京都 医療・福祉の安心 長寿の安心 地域力再生
キーワード 高齢者 健康づくり・健康対策 人材育成・人づくり 市町村振興・支援 府民参画、NPO・ボランティア
予算種別 平成30年度当初予算
予算額 103,605,000円 (その他48,800,000 / 一般財源54,805,000)
担当課と連絡先 ア高齢者支援課 介護予防・認定担当 075-414-4570
イ高齢者支援課 地域包括ケア推進担当 075-822-3562
ウ介護・地域福祉課 法人・事業者指導担当 075-414-4678
エ商業・経営支援課 商業担当 075-414-4829
オ地域力ビジネス課 地域力ビジネス支援担当 075-414-4865

事業内容

(1)社会福祉法人支援型【介護予防体制推進事業】

30,000千円

社会福祉法人による地域包括ケアの取組み推進に要する経費を支援(府1/2、市町村1/4)

(2)NPO等支援型【地域の支え合い推進プログラム事業】

43,000千円

多様なプログラムを用いて、地域でサポートを必要とする方々を対象とした等介護予防・生活支援サービスの提供を促進(府2/3)

①ちーびず地域の支え合い推進プログラム

20,000千円

地域力ビジネスの手法を活用した事業の立ち上げに対し、人件費等を助成

②介護予防地域人材活用プログラム

20,000千円

地域の自主的な取組みによる事業の立ち上げに対し、人件費等を助成

③商店街空き店舗活用プログラム

3,000千円

商店街の空き店舗を活用した事業の立ち上げに対し、店舗の改修経費等を助成

(3)市町村支援型【高齢者日常生活サポート推進事業】

10,000千円

地域のボランティアや元気高齢者を、将来的に介護予防・生活支援サービスを担える人材として育成する市町村の取組を支援(新・地域包括ケア総合交付金)

(4)共助型生活支援推進隊設置

20,605千円

地域包括ケア推進ネット(保健所)を中心に、「共助型生活支援推進隊」を設置し、市町村とともにNPO等へ介護予防・生活支援サービスの創出に向けた働きかけを実施

ヘルプ(H)

ヘルプウィンドウを閉じる

ブックマーク(D)

現在のページ

ブックマークリスト

ブックマークウィンドウを閉じる