ホーム > 明日の京都 - 京都府 施策ナビ > 少子化対策総合戦略事業費 (「家計にやさしい」子育てあんしん京都事業費) (不妊治療給付等事業費)(平成30年度)

ここから本文です。

少子化対策総合戦略事業費
(「家計にやさしい」子育てあんしん京都事業費)
(不妊治療給付等事業費)しょうしかたいさくそうごうせんりゃくじぎょうひ(「かけいにやさしい」こそだてあんしんきょうとじぎょひ)(ふにんちりょうきゅうふとうじぎょうひ)

健康福祉部

不妊治療や不育症治療における経済的負担を軽減するため、治療に要する費用に対し助成を実施する。
明日の京都 子育て・子育ちの安心 医療・福祉の安心
キーワード 子育て・少子化 医療・薬事
予算種別 平成30年度当初予算
予算額 308,737,000円 (国庫108,974,000 / 一般財源199,763,000)
担当課と連絡先 こども総合対策課 母子保健・子育て支援担当 075-414-4727
親事業 少子化対策総合戦略事業費 (「家計にやさしい」子育てあんしん京都事業費)

事業概要

不妊治療給付事業助成

区分不妊治療等給付事業特定不妊治療助成事業
対象治療 一般不妊治療(人工授精を含む)、不育症治療 体外受精、顕微授精(男性不妊治療を含む)
給付上限
自己負担額の1/2
一般:上限10万円/年(保険適用のみは6万円/年)
不育:10万円/回
15万円/回
初回:30万円
男性不妊:20万円/回
回数制限 なし 10回(国制度の助成適用後、更に治療を重ねる場合に府が支援)
所得制限 なし 夫婦合算730万円未満(男性不妊は所得制限なし)

ヘルプ(H)

ヘルプウィンドウを閉じる

ブックマーク(D)

現在のページ

ブックマークリスト

ブックマークウィンドウを閉じる