ホーム > 明日の京都 - 京都府 施策ナビ > 少子化対策総合戦略事業費 (若者ライフデザイン・育児と仕事両立体験事業費)(平成30年度)

ここから本文です。

少子化対策総合戦略事業費
(若者ライフデザイン・育児と仕事両立体験事業費)しょうしかたいさくそうごうせんりゃくじぎょうひ(わかものらいふでざいん・いくじとしごとりょうりつたいけんじぎょうひ)

健康福祉部

若者(大学生や企業の若手社員)が人生設計を考えるきっかけとして、ワークショップの開催や仕事と子育てを両立している家庭と交流し、体験的に学ぶ事業を実施する。
明日の京都 子育て・子育ちの安心 働きの安心
キーワード 子育て・少子化 青少年 大学 雇用、労働
予算種別 平成30年度当初予算
予算額 3,600,000円 (国庫1,800,000 / 一般財源1,800,000)
担当課と連絡先 こども総合対策課 少子化対策担当 075-414-4602
親事業 少子化対策総合戦略事業費

事業内容

(1)ワークショップの開催

大学や企業・団体等に、府が開発したプログラムと教材を普及し、大学生や若手社会人向けのワークショップを開催するとともに、自主的なライフデザイン教育の実施を支援

(2)仕事と育児の両立体験事業の実施

  • 企業等が実施するインターンシップの一環として、大学生が実習先の共働き社員の家庭で、育児の手伝いや子どもとの触れ合い、家庭での意見交換等を体験し、仕事と育児の両立を体験的に学ぶプログラムを実施
  • プログラムをコーディネートし、運営する人材を養成

(3)ライフデザインラボ等の開催

プログラム内容や本事業の効果的な実施方法等について、学識者等により検討する協議会(ライフデザインラボ)を開催

ヘルプ(H)

ヘルプウィンドウを閉じる

ブックマーク(D)

現在のページ

ブックマークリスト

ブックマークウィンドウを閉じる