ホーム > 明日の京都 - 京都府 施策ナビ > 肝炎対策費(平成30年度)

ここから本文です。

肝炎対策費かんえんたいさくひ

健康福祉部

○ ウイルス性肝炎(B型、C型)の早期発見のための検査体制を強化
○ 治療に係る医療費を助成し、早期治療を促進し、肝がんを予防
○ 肝がん・重度肝硬変に係る入院医療費の助成による患者支援
明日の京都 医療・福祉の安心 長寿の安心
キーワード 医療・薬事 健康づくり・健康対策
予算種別 平成30年度当初予算
予算額 393,000,000円 (国庫196,848,000 / 一般財源196,152,000)
担当課と連絡先 健康対策課 がん対策担当 075-414-4739

事業概要

(1)肝がん・重度肝硬変入院医療費助成事業【新】

(10,840千円)

  • 肝がん・重度肝硬変患者の入院医療費の助成(制度の創設:H30.12~)

(2)肝炎医療費助成事業

(367,624千円)

  • B型及びC型ウイルス肝炎のインターフェロンフリー及びインターフェロン治療等に係る医療費の助成

(3)ウイルス性肝炎患者の重症化予防推進事業

(3,078千円)

  • 検査陽性者に対する受診勧奨、初回精密検査費用等の助成

(4)肝炎検査

(2,883千円)

  • 保健所、医療機関における肝炎ウイルス無料検査の実施

(5)肝疾患相談センターの運営等

(8,575千円)

  • 肝炎に関する相談支援体制の充実

ヘルプ(H)

ヘルプウィンドウを閉じる

ブックマーク(D)

現在のページ

ブックマークリスト

ブックマークウィンドウを閉じる