ホーム > 明日の京都 - 京都府 施策ナビ > 匠の公共事業費(平成30年度)

ここから本文です。

匠の公共事業費たくみのこうきょうじぎょうひ

商工労働観光部

「伝統と文化のものづくり産業振興条例」に基づき、和装・伝統産業の基盤づくり(ひとづくり、仕事づくり、環境づくりの展開)を積極的に推進する。
明日の京都 人づくり 産業革新・中小企業育成
キーワード 高校教育 大学 人材育成・人づくり 伝統産業 交通・物流 食・ブランド京野菜、京もの
予算種別 平成30年度当初予算
予算額 52,860,000円 (その他14,000,000 / 一般財源38,860,000)
担当課と連絡先 染織・工芸課 染織担当 075-414-4856
染織・工芸課 工芸担当 075-414-4856
観光政策課 観光振興・基盤整備担当 075-414-4841

事業内容

(1)ひとづくり

京都未来の匠「技の継承」事業

14,000千円
(担当課:染織・工芸課)

祇園祭や社寺等の貴重な文化資料や高度な技術を駆使した伝統工芸品の復元新調等を、京の名工等と若手職人が協働して行い、伝統産業の技術継承を推進

(2)仕事づくり

「京の職人さん」仕事づくり推進事業

18,700千円
(担当課:染織・工芸課)

京都府の記念品等に活用する伝統工芸品の制作や、観光イベントとも連携した職人さんの技の実演などを通じ、職人さんの仕事づくりを推進

(3)環境づくり

①「きものの似合うまち・京都」推進事業

10,700千円
(担当課:染織・工芸課)

和装産業の活性化のため、和装業界と連携して「カンキレきもの」の普及や和装のユネスコ無形文化遺産の登録を推進

②若年者きものライフスタイル推進事業

2,160千円
(担当課:染織・工芸課)

若年者を対象に実施するきものの着付け体験やきもの姿での街歩き等の取組を支援

③「京の伝統・食と文化」魅力発信事業

7,300千円
(担当課:観光政策課)

地場産業の普及啓発など府民や観光客に向けた「京の伝統文化・産業」の総合的な発信

ヘルプ(H)

ヘルプウィンドウを閉じる

ブックマーク(D)

現在のページ

ブックマークリスト

ブックマークウィンドウを閉じる