ホーム > 明日の京都 - 京都府 施策ナビ > 防災基盤整備事業費 社会基盤長寿命化対策費 地域密着型社会資本整備事業費(平成30年度)

ここから本文です。

防災基盤整備事業費
社会基盤長寿命化対策費
地域密着型社会資本整備事業費ぼうさいきばんせいびじぎょうひ しゃかいきばんちょうじゅみょうかたいさくひ ちいきみっちゃくがたしゃかいしほんせいびじぎょうひ

建設交通部

府民のくらしの安心・安全を守るための防災基盤整備、橋梁等社会インフラの計画的な予防補修、きめ細やかな小規模改良事業を実施する。
明日の京都 暮らしの安心
キーワード 危機管理・防災 公共事業、社会基盤・社会資本
予算種別 平成30年度当初予算
予算額 9,095,057,000円 (起債 7,568,000 / その他 230,213 / 一般財源 1,296,844)
担当課と連絡先 監理課 経理担当 075-414-5173

事業概要

防災基盤整備事業費

1,806,246千円

府民の安心・安全を守るための防災基盤整備について、ソフト・ハード対策を最適に組み合わせながら、重点実施

ソフト対策

  • 土砂災害警戒情報システムの運用 ほか

ハード対策

  • 天井川対策の重点化、河川管理施設機能向上、避難所等の防災拠点の保全 ほか

社会基盤長寿命化対策費

879,886千円

橋りょう、舗装、砂防施設の予防補修を実施

地域密着型社会資本整備事業費

6,408,925千円

府民生活や地域の安心・安全の確保に繋がる、きめ細やかな小規模改良事業を実施

  • 地域道路の1.5車線的整備、道路未改良区間の拡幅 ほか
  • 河川の浚渫、護岸補修 ほか

ヘルプ(H)

ヘルプウィンドウを閉じる

ブックマーク(D)

現在のページ

ブックマークリスト

ブックマークウィンドウを閉じる