ホーム > 明日の京都 - 京都府 施策ナビ > 障害者雇用サポート強化事業費(平成30年度)

ここから本文です。

まゆまろ事業 障害者雇用サポート強化事業費しょうがいしゃこようさぽーときょうかじぎょうひ

商工労働観光部, 教育委員会

共生社会の実現に向け、障害者の相談から就職・定着までの一貫した就職支援の推進に加え、企業での働きやすい職場環境の整備や定着を促進する事業を強化する。
明日の京都 働きの安心 医療・福祉の安心
キーワード 障害者 高校教育 大学 人材育成・就労支援 雇用、労働 経営支援・経営革新 地域創生
予算種別 平成30年度当初予算
予算額 285,206,000円 (国庫33,352,000 / 一般財源251,854,000)
担当課と連絡先 総合就業支援室 障害者雇用推進担当 075-682-8918
人づくり推進課 人づくり推進担当 075-414-5101
教育委員会 総務企画課 075-414-5708

内容

(1)障害者雇用定着環境整備事業

135,600千円
(担当課:総合就業支援室)

企業支援の核となる「京都障害者雇用企業サポートセンター(京都ジョブパーク設置)」が、府内8箇所の地域センターを統括し、センター・企業・障害者の地域に密着したネットワークを構築し、企業内サポーター育成事業や雇用施設整備事業等を実施

①障害者雇用企業サポートセンター事業

障害者に適した仕事の創出、雇用管理、各種助成制度等に関する提案やアドバイスを実施し、障害者の更なる雇用拡大及び職場定着を促進

②地域センター事業

障害者に対する就労生活支援を行う地域センター(8箇所)において、企業支援を強化し、職場定着を促進

③障害者企業内サポーター育成事業【新規】

全国初の国と連携した「企業内サポーター」(年間150名程度)育成や障害者が自身の体調等を日報形式で毎日記録し、専門支援者の助言を受けられるツール(SPIS)を活用し職場定着を促進

④障害者雇用施設整備事業等事業費補助金

働きやすい職場づくりのため、障害特性に応じた施設整備等に対して支援

(2)障害者就業支援事業

149,606千円
(担当課:総合就業支援室・人づくり推進課・総務企画課)

①京都ジョブパークはあとふるジョブカフェによる支援

相談から実習、マッチング、定着まで特性に応じたきめ細かい支援

②寄り添い支援型学生インターンシップ事業【新規】

大学生及び高校生を対象に障害の特性に応じたインターンシップを実施

③府立高等技術専門校における障害者訓練

障害の種別・特性や企業ニーズに応じた職業訓練を実施

ヘルプ(H)

ヘルプウィンドウを閉じる

ブックマーク(D)

現在のページ

ブックマークリスト

ブックマークウィンドウを閉じる