ホーム > 明日の京都 - 京都府 施策ナビ > インバウンド対策強化事業費(平成30年度)

ここから本文です。

インバウンド対策強化事業費いんばうんどたいさくきょうかじぎょうひ

商工労働観光部

急増する外国人観光客を地域に呼び込む仕掛けづくりを継続して行い、その旺盛な消費を地域や中小企業の隅々にまで行き渡らせることで、観光消費拡大による地方創生を実現する。
明日の京都 産業革新・中小企業育成 交流連帯
キーワード 海外ビジネス・貿易 地域振興 観光 国際交流 情報・ICT(情報通信技術)
予算種別 平成30年度当初予算
予算額 81,097,000円 (国庫28,098,000 / 一般財源52,999,000)
担当課と連絡先 観光政策課 観光振興・基盤整備担当 075-414-4841
観光政策課 観光誘客推進担当 075-414-4878

事業概要

(1)海外からの誘客促進事業

44,997千円

①アジアからの誘客促進

旅行博への出展やホームページ、SNSなどの情報ツールを活用し、アジアの個人旅行者等を対象に、ターゲット国を絞り込んだ海外プロモーションを実施

②広域連携による誘客促進事業

他府県市や民間事業者と連携し、欧米をはじめとする富裕層などを誘客

(2)多言語対応等環境整備支援事業

1,400千円

観光案内所等が実施するWi-Fiや多言語環境整備に対する支援を実施するとともに、宿泊施設向け24時間コールセンター事業を実施し、外国人観光客の受入環境を整備

(3)海外からの教育旅行誘致促進事業

6,800千円

地域の資源や民宿等を活用した交流プラン造成等により、海外からの教育旅行を誘致

(4)京都文化交流・コンベンション推進事業

27,900千円

(公財)京都文化交流コンベンションビューローによる国内外のMICE誘致を推進

加えて、京都市以外の地域で開催される会議や関連する観光ツアーを支援し、国際会議開催を府内全域に拡大

ヘルプ(H)

ヘルプウィンドウを閉じる

ブックマーク(D)

現在のページ

ブックマークリスト

ブックマークウィンドウを閉じる