ホーム > 明日の京都 - 京都府 施策ナビ > 京都農人材育成総合対策事業費(平成30年度)

ここから本文です。

京都農人材育成総合対策事業費きょうとのうじんざいいくせいそうごうたいさくじぎょうひ

農林水産部

攻めの農業への転換を図るため、オール京都体制で「京都農人材育成センター」を運営し、京の農業応援隊(農業改良普及センターなど)による技術研修などの伴走支援に加え、段階に応じた経営研修を一体的に実施することで、高度な経営感覚を持つ農人材を育成する。
明日の京都 人づくり 産業革新・中小企業育成
キーワード 人材育成・人づくり 人材育成・就労支援 農業 林業 水産業 海外ビジネス・貿易
予算種別 平成30年度当初予算
予算額 557,129,000円 (国庫455,346,000 / その他24,536,000 / 一般財源77,247,000)
担当課と連絡先 A農政課 企画政策担当 075-414-4898
B経営支援・担い手育成課 新規就業・人材育成担当 075-414-4942
経営支援・担い手育成課 農業ビジネス担当075-414-4908
経営支援・担い手育成課 農業農村創生担当075-414-4914

事業概要

(1)京都農人材育成センター事業 B

61,847千円

①人材確保事業(一部再掲)

「農林水産業ジョブカフェ」「就農インターンシップ」「担い手養成実践農場」により、新規就農・就業の相談から体験・研修・就農・就業までをトータルで支援

②人材育成事業

農業者のそれぞれの段階に応じた研修を企画、実施

(2)人材育成支援事業

495,282千円

①農業次世代人材投資事業 B

(411,300千円)

研修中や就農直後の生活安定を資金交付で支援

②若手農業者等支援事業 B

(2,925千円)

認定新規就農者等の機械リースに要する経費に対し補助

③認定農業者等支援事業 B

(18,084千円)

アドバイザー派遣などによる法人化支援

④農業ビジネス支援事業 B

(45,167千円)

専門家派遣による輸出や販売力強化支援

⑤農産物輸出支援事業 B

(2,500千円)

輸出コーディネータの設置による農産物の輸出支援

⑥農業後継者定着促進事業 B

(12,306千円)

就農研修資金の償還に対する助成

⑦京都若手農林漁業者クロスオーバー事業(新規)B

(2,500千円)

地域や業種を越えた交流促進による定着率の向上支援等

⑧農業外国人相談窓口設置事業(新規)A

(500千円)

農業に従事する外国人相談窓口の設置

ヘルプ(H)

ヘルプウィンドウを閉じる

ブックマーク(D)

現在のページ

ブックマークリスト

ブックマークウィンドウを閉じる