ホーム > 明日の京都 - 京都府 施策ナビ > 京都酪農「牛づくり・草づくり」事業費(平成30年度)

ここから本文です。

京都酪農「牛づくり・草づくり」事業費きょうとらくのう「うしづくり・くさづくり」じぎょうひ

農林水産部

日欧EPAの影響や乳用後継牛の価格高騰の影響を踏まえ、酪農業の生産基盤を強化するため、府内で後継牛の育成及び稲WCSの生産を行う体制の整備を支援する。
明日の京都 産業革新・中小企業育成
キーワード 経営支援・経営革新 農業 畜産業
予算種別 平成30年度当初予算
予算額 53,512,000円 (国庫40,000,000 / 起債2,000,000 / その他3,000,000 / 一般財源8,512,000)
担当課と連絡先 畜産課 畜産振興担当 075-414-4983

事業概要

(1) 優良乳用後継牛育成体制整備事業

3,000千円

府内における乳用牛育成体制を整備するため、先進技術を会得した管理者の育成を支援

補助率1/2

(2) 哺育・育成センター整備事業

40,000千円

府内における乳用牛育成体制を構築するため、JA全農京都が実施する乳用牛哺育・育成センターの整備を支援

補助率1/2

(3) 碇高原牧場整備事業

6,000千円

府内における乳用牛育成体制を構築するため、碇高原牧場の乳用牛育成機能を強化

<米転換作物生産拡大緊急対策事業費>
(4) 稲WCS増産事業(再掲)

4,512千円

水田での稲WCSの増産及び乳用育成牛等への稲WCS供給・利用体制を整備するため、稲WCS収穫調製機械の導入を支援

補助率1/4以内

ヘルプ(H)

ヘルプウィンドウを閉じる

ブックマーク(D)

現在のページ

ブックマークリスト

ブックマークウィンドウを閉じる