ホーム > 明日の京都 - 京都府 施策ナビ > 豊かな森林継承事業費(平成30年度)

ここから本文です。

豊かな森林継承事業費ゆたかなしんりんけいしょうじぎょうひ

農林水産部

全国育樹祭を契機に高まった次世代への森林継承の機運を一過性のものとさせないため、森林保全の観点から「木材需要の喚起・消費拡大」「森を学ぶ・体験する」「次世代の育成」をテーマにイベントを開催する。
明日の京都 環境の「みやこ」 産業革新・中小企業育成
キーワード 子育て・少子化 林業 府民参画、NPO・ボランティア エネルギー・地球温暖化対策 生物多様性・自然環境
予算種別 平成30年度当初予算
予算額 6,100,000円 (その他6,100,000)
担当課と連絡先 森づくり推進課 モデルフォレスト推進担当 075-414-5005

事業概要

木材需要の喚起・消費拡大

(1)京都森と樹の魅力発信事業(再掲)

3,400千円

木材消費の拡大や森の京都エリアの魅力を発信

  • Woodyコンテスト(木造住宅及び木製家具コンペ)
  • 木製品・特産品等の物産展

森を学ぶ・体験する

(2)森林の魅力「発見伝」の開催(新規)(再掲)

1,000千円

森林の働きや恩恵について楽しみながら学ぶイベントを実施

【「森の京都ハーベスト・ガラ」と同時開催】

次世代の育成

(3)「京都山キッズ交流会」の開催(再掲)

1,700千円

緑の少年団とモデルフォレスト運動参画企業の子どもたちを一堂に会し、次世代の育成を図る

  • 森林観察、散策
  • 森林整備作業体験
  • 伐倒デモ見学
  • 木工体験

ヘルプ(H)

ヘルプウィンドウを閉じる

ブックマーク(D)

現在のページ

ブックマークリスト

ブックマークウィンドウを閉じる