ホーム > 明日の京都 - 京都府 施策ナビ > 障害者共生推進事業費 (発達障害児初診待機期間半減事業費)(平成29年度)

ここから本文です。

まゆまろ事業 障害者共生推進事業費
(発達障害児初診待機期間半減事業費)しょうがいしゃきょうせいすいしんじぎょうひ(はったつしょうがいじしょしんたいききかんはんげんじぎょうひ)

健康福祉部

発達障害の初診待機期間の半減に向け、専門職による相談体制強化、医師の養成・増員、専門的な療育支援(放課後等デイサービスの拡充)の強化を図る
明日の京都 子育て・子育ちの安心 医療・福祉の安心
キーワード 子育て・少子化 障害者 医療・薬事
予算種別 平成29年度当初予算
予算額 187,600,000円
担当課と連絡先 障害者支援課 認定・精神担当 075-414-4732
障害者支援課 福祉サービス担当 075-414-4596
親事業 障害者共生推進事業費

事業概要

(単位:千円)

事業名 事業の概要 予算額
発達障害診断医師養成事業 地域で診れる医師を養成するため、素地のある医師に対して臨床を含めた専門的な研修を実施

5,000

こども発達支援センター医師増員 発達障害の診断ができる医師を増員

11,000

発達相談・地域支援センター(仮称)の開設 こども発達支援センター内に発達障害・地域支援センター(仮称)を開設し、専門職による学齢期の児童を中心とした寄り添い型の相談支援等を実施

91,000

放課後等デイサービスの拡充 こども発達支援センターで放課後等デイサービスを拡充実施し、学齢期の福祉的受け皿を整備することで、就学前から就学後までのシームレスな支援を実施するとともに、他の事業所からの実習受け入れ等により、地域のサービスの質を向上

10,000

発達障害者(児)に対するシームレスな支援
  • 早期療育支援事業補助金(市町村補助)
  • ソーシャルスキルトレーニングの普及
  • 発達障害児支援の専門職養成
  • 発達障害者支援センターの設置  等

70,600

ヘルプ(H)

ヘルプウィンドウを閉じる

ブックマーク(D)

現在のページ

ブックマークリスト

ブックマークウィンドウを閉じる