ホーム > 明日の京都 - 京都府 施策ナビ > 地域スマートエネルギーマネジメント推進事業費(平成29年度)

ここから本文です。

まゆまろ事業 地域スマートエネルギーマネジメント推進事業費ちいきすまーとえねるぎーまねじめんとすいしんじぎょうひ

環境部, 商工労働観光部, 農林水産部

府北部・南部地域において、地域特性を踏まえたエネルギーの自立(地産地消)に向けた取組を推進するとともに、家庭やビル、工場等各分野のEMS導入を促進する。
明日の京都 環境の「みやこ」
キーワード 地域振興 学研都市 エネルギー・地球温暖化対策
予算種別 平成29年度当初予算
予算額 236,000,000円
担当課と連絡先 エネルギー政策課 再生可能エネルギー担当 075-414-4297
エネルギー政策課 エネルギーマネジメント担当 075-414-4297
地球温暖化対策課 企画担当 075-414-4708
地球温暖化対策課 推進担当 075-414-4708
特区・イノベーション課 新産業育成・研究開発推進担当 075-414-4849
文化学術研究都市推進課 景観・整備担当 075-414-5196
流通・ブランド戦略課 研究普及担当 075-414-4968
親事業 スマート温暖化対策事業費

事業内容

(1)北近畿エネルギー自立ネットワーク推進事業費

133,000千円
エネルギー政策課、地球温暖化対策課

① 「府北部地域エネルギー・サービス事業体」の推進(継続)

「京都版シュタットベルケ」の設立に向けた取組推進

② 京都舞鶴港のエコ・エネルギーポート化の推進

  • ア)エコ・エネルギーポート化に向けたマスタープラン策定
  • イ)クルーズ客船利用者等に対するEV等のレンタル

③ 京都舞鶴港エネルギークラスター事業の推進(継続)

  • ア)バイオマス発電等の再エネ発電設備整備に対する支援
  • イ)LNGインフラ整備やメタンハイドレート実用化促進

(2)南部スマートバレー形成推進事業費

53,000千円
地球温暖化対策課、エネルギー政策課、文化学術研究都市推進課、流通・ブランド戦略課

① 自立分散・脱炭素型のエネルギーシステム構築

農業、交通、教育等の各分野が連携し、自立分散・脱炭素型のエネルギーシステムを構築するための実行計画を策定

② 実行計画推進のための各分野の取組

  • ア)農業分野…光透過性有機薄膜太陽電池のビニルハウス栽培への活用等
  • イ)交通分野…連節バス運行ルートへのバスロケーションシステム導入等
  • ウ)推進体制…産学公連携による実行委員会を設置・運営

③ 城陽市分散型エネルギースマートインフラプロジェクトの推進

マスタープランに基づくエネルギーの面的利用を推進

(3)EMS導入総合対策事業費(一部継続)

50,000千円
エネルギー政策課、地球温暖化対策課、特区・イノベーション課

新たに集合住宅へのEMS(エネルギーマネジメントシステム)の導入支援制度を創設

ヘルプ(H)

ヘルプウィンドウを閉じる

ブックマーク(D)

現在のページ

ブックマークリスト

ブックマークウィンドウを閉じる