ホーム > 明日の京都 - 京都府 施策ナビ > スマート物流推進事業費(平成29年度)

ここから本文です。

まゆまろ事業 スマート物流推進事業費すまーとぶつりゅうすいしんじぎょうひ

環境部

イメージ(産廃分野)

宅配便配達の効率化によるCO2削減に向けたオープン型宅配ボックスの導入に対する助成のほか、IoT技術を活用した産業廃棄物の収集効率化によるCO2や最終処分量の削減に向けた取組を実施する。
明日の京都 環境の「みやこ」
キーワード 交通・物流 情報・ICT(情報通信技術) エネルギー・地球温暖化対策 廃棄物・リサイクル
予算種別 平成29年度当初予算
予算額 25,000,000円
担当課と連絡先 循環型社会推進課 産業廃棄物担当 075-414-4714
地球温暖化対策課 企画担当・推進担当 075-414-4708
親事業 スマート温暖化対策事業費

事業内容

(1)宅配システム効率化事業費

4,000千円
地球温暖化対策課

① オープン型宅配ボックスの設置補助

補助対象 宅配ボックス設置者又は管理者
補助率 府 1/6(国と合わせて2/3)

② 配達効率化協議会の運営

運輸事業者や小売り事業者等、幅広い事業者間での課題共有と対応等を検討するための協議会を設置

(2)IoT・スマート産業廃棄物削減対策事業費

21,000千円
循環型社会推進課

① スマート・センサーを活用したリサイクルの促進

各産業廃棄物排出事業所のコンテナに設置したセンサーで廃棄物量をモニタリングし、効率的な回収を実現することにより、リサイクルを促進

② IoT技術を活用した下水汚泥等リサイクルの促進

産業廃棄物の排出量とリサイクル業者の受入可能量をクラウド上でリアルタイムでマッチングさせ、リサイクルを促進するシステムの実現に向けた取組を実施

③ 産業廃棄物削減対策推進プロジェクトチームの運営

上記に加え、建設混合廃棄物等のリサイクル促進を進めるためのプロジェクトチームを設置

ヘルプ(H)

ヘルプウィンドウを閉じる

ブックマーク(D)

現在のページ

ブックマークリスト

ブックマークウィンドウを閉じる