ホーム > 明日の京都 - 京都府 施策ナビ > 産業廃棄物3R(スリーアール)支援センター事業費(平成29年度)

ここから本文です。

産業廃棄物3R(スリーアール)支援センター事業費さんぎょうはいきぶつすりーあーるしえんせんたーじぎょうひ

環境部

産業廃棄物の3Rを促進するため、一般社団法人京都府産業廃棄物3R支援センターにおいて、産業廃棄物に係る3R(発生抑制・再使用・再生利用)の総合支援をワンストップ・サービスで実施する。
明日の京都 環境の「みやこ」
キーワード 廃棄物・リサイクル
予算種別 平成29年度当初予算
予算額 46,854,000円
担当課と連絡先 循環型社会推進課 産業廃棄物担当 075-414-4714

事業内容

事項 [予算内訳] 概要
ネットワーク推進交流事業

[300千円]

減量・リサイクルに係る情報交換や意見交換を行う協議会(産業界、処理業界、大学研究機関、行政等)を開催
産業棄物3R支援センター運営事業

[20,054千円]

産業廃棄物の3Rに関する企業等への支援を、ワンストップ・サービスで総合的に展開していく拠点の運営

ワンストップ・サービス支援事業

事項 [予算内訳] 概要
(1)ゼロエミッションアドバイザー派遣事業

[3,000千円]

府内排出事業者等からの産業廃棄物の3Rに係る相談に対し、専門的知識を有するアドバイザーを派遣し、取組を支援
(2)産業廃棄物3R情報等提供事業

[2,100千円]

産業廃棄物の3Rに係る処理技術や処理業者等の情報を提供し取組を支援
(3)京都府産業廃棄物発生抑制等促進事業

[20,000千円]

産業廃棄物の3Rに係る研究や技術開発、リサイクル施設等整備、環境配慮製品等の販路開拓に対する支援
(4)3R人材育成等支援事業

[ 1,400千円]

排出事業者自らが産業廃棄物の3R及び適正処理に関する意識向上、先進事例等を紹介する講習会等を開催
排出事業者の3Rに係る提案者(カウンセラー)となる処理業者の育成

ヘルプ(H)

ヘルプウィンドウを閉じる

ブックマーク(D)

現在のページ

ブックマークリスト

ブックマークウィンドウを閉じる