ホーム > 明日の京都 - 京都府 施策ナビ > 京の農林水産物まるごと輸出総合対策事業費 国際水準GAPモデル農場設置事業費(平成29年度)

ここから本文です。

まゆまろ事業 京の農林水産物まるごと輸出総合対策事業費
国際水準GAPモデル農場設置事業費きょうののうりんすいさんぶつまるごとゆしゅつそうごうたいさくじぎょうひ こくさいすいじゅんぎゃっぷもでるのうじょうせっちじぎょうひ

農林水産部

イメージ

輸出の取引基準となる国際水準GAPの農家取得を推進するため、モデル農場を設置
明日の京都 産業革新・中小企業育成
キーワード 農業 海外ビジネス・貿易 交通・物流
予算種別 平成29年度当初予算
予算額 1,500,000円
担当課と連絡先 農産課 環境にやさしい農業推進担当 075-414-4959
親事業 京の食ビジネス改革事業費 京の農林水産物まるごと輸出総合対策事業費

事業概要

GAPによる農業生産に必要な機器・資材の導入、残留農薬分析、先進地視察等を実施し、府内初となる国際水準GAPの認証を取得したモデル農場を新設

事業実施主体:京都府

GAP(農業生産工程管理)とは
農業生産工程管理(GAP:Good Agricultural Practice)とは、農業生産活動を行う上で必要な関係法令等の内容に則して定められる点検項目に沿って、農業生産活動の各工程の正確な実施、記録、点検及び評価を行うことによる持続的な改善活動

ヘルプ(H)

ヘルプウィンドウを閉じる

ブックマーク(D)

現在のページ

ブックマークリスト

ブックマークウィンドウを閉じる