ホーム > 明日の京都 - 京都府 施策ナビ > 脱ひきこもり支援事業費(平成29年度)

ここから本文です。

まゆまろ事業 脱ひきこもり支援事業費だつひきこもりしえんじぎょうひ

府民生活部, 健康福祉部, 商工労働観光部, 教育委員会

就労支援(イメージ)

「脱ひきこもり支援センター」を立ち上げ、ひきこもりの実態調査から社会適応、自立までを一体的に支援
明日の京都 子育て・子育ちの安心 働きの安心
キーワード 青少年 セーフティネット(暮らしの安全・安心) 雇用、労働 地域創生
予算種別 平成29年度当初予算
予算額 121,028,000円
担当課と連絡先 府民生活部 青少年課 075-414-4305
健康福祉部 福祉・援護課 075-693-8243
健康福祉部 障害者支援課 075-414-4732
商工労働観光部 労働・雇用政策課 075-414-5085
教育委員会 学校教育課 075-414-5831

内容

項目 内容 所管
実態調査

(6,690千円)

  • 民生児童委員や民間支援団体を通じたひきこもりの実態調査
  • 訪問応援チーム「チーム絆」による学校との連携強化
  • ひきこもり支援情報ポータルサイトの運営
  • 青少年の社会的ひきこもり支援ネットワーク連絡会議の運営

青少年課

社会適応支援

(71,258千円)

  • チーム絆による訪問・相談支援を行うとともに、「早期支援特別班」を新設し、早期アプローチを実施
  • 個人の希望に応じた社会適応訓練を実施する団体への補助事業を創設
  • ひきこもり経験者によるアドバイス等の支援

青少年課

  • 専門相談(電話、面接)、家族教室等を実施

障害者支援課

  • 府認定スクールが実施する、学校と連携した教育活動へ助成

学校教育課

自立支援

(43,080千円)

  • 職親の募集と認定を行い、就労体験活動を実施
  • 支援計画の策定と自立・就労支援

青少年課

  • 日常生活・社会生活の自立、就労に必要な技能、能力習得に向け「京都式生活・就労一体型支援事業」を実施

福祉・援護課

  • 「京都府若者の就職等の支援に関する条例」に基づき計画の認定を受けたNPO等法人団体が行う活動を支援

労働・雇用
政策課

ヘルプ(H)

ヘルプウィンドウを閉じる

ブックマーク(D)

現在のページ

ブックマークリスト

ブックマークウィンドウを閉じる