ホーム > 明日の京都 - 京都府 施策ナビ > 茶業研究所機能強化事業費(平成29年度)

ここから本文です。

茶業研究所機能強化事業費ちゃぎょうけんきゅうしょきのうきょうかじぎょうひ

農林水産部

 企業・大学等との連携・交流や機能強化を図るため、茶業研究所のリニューアルを実施
明日の京都 産業革新・中小企業育成
キーワード 大学 農業 産学官連携 食・ブランド京野菜、京もの 府立施設
予算種別 平成29年度当初予算
予算額 323,000,000円
担当課と連絡先 流通・ブランド戦略課 研究普及担当 075-414-4968

事業概要

これまでの新品種育成やお茶の栽培・製造に関する研究に加え、以下の3つの機能強化を実現するために必要な施設・設備を整備

  • ① 食品加工や機能性を生かした商品開発
  • ② 科学的根拠に基づく宇治茶の価値・魅力の発信
  • ③ 高い経営力と情報発信力を備えた茶業の担い手の育成

3 建物の概要

整備場所 現在地(宇治市白川中の薗1番地)
敷地面積 45,474m2(うち建物敷地4,700m2、試験茶園20,000m2他)
構造・規模
本館
オール府内産木材による木造(平屋) ※一部、CLT(直交集成板)を採用
950.91m2
製茶棟
同上
668.44m2
施設構成
本館
オープンラボ、交流室・資料室、茶審査室、等
製茶棟
てん茶2ライン、揉み茶ライン、手揉み室、等
事業費 323,000千円
(㉙〜㉚債務負担行為額 85,000千円)
※工期:28〜30年度

ヘルプ(H)

ヘルプウィンドウを閉じる

ブックマーク(D)

現在のページ

ブックマークリスト

ブックマークウィンドウを閉じる