ここから本文です。

まゆまろ事業 障害者共生推進事業費

明日の京都 子育て・子育ちの安心, 働きの安心, 医療・福祉の安心, 文化創造
キーワード 子育て・少子化, 障害者, 医療・薬事, 文化振興・文化財, スポーツ・レクリエーション, 雇用、労働, 農業
部局 文化スポーツ部, 健康福祉部, 商工労働観光部, 教育委員会
障害のあるなしに関わらず、共に安心して暮らせる共生社会を実現する

まゆまろ事業 障害者共生推進事業費
(発達障害児初診待機期間半減事業費)

明日の京都 子育て・子育ちの安心, 医療・福祉の安心
キーワード 子育て・少子化, 障害者, 医療・薬事
部局 健康福祉部
発達障害の初診待機期間の半減に向け、専門職による相談体制強化、医師の養成・増員、専門的な療育支援(放課後等デイサービスの拡充)の強化を図る

まゆまろ事業 障害者共生推進事業費
(自立型障害者アート推進事業費)

明日の京都 医療・福祉の安心, 文化創造
キーワード 障害者, 文化振興・文化財, スポーツ・レクリエーション
部局 文化スポーツ部, 健康福祉部, 教育委員会
きょうと障害者文化芸術推進機構を核とした文化芸術活動の推進、アーカイブ構築による芸術作品の販売・レンタル等の仕組みづくりやアートフェア京都(仮称)の開催等により、障害のある方が文化芸術活動で自立できる体制を構築する

まゆまろ事業 障害者共生推進事業費(京都式農福連携構築事業費)

明日の京都 働きの安心, 医療・福祉の安心
キーワード 障害者, 雇用、労働, 農業
部局 健康福祉部
農福連携を軸に、障害者の就労促進や地域の人々と交流できる仕組みを構築し、障害者が地域の担い手となる地域共生社会づくりを推進する

まゆまろ事業 京都式地域包括ケアセカンドステージ事業費

明日の京都 医療・福祉の安心, 長寿の安心, 地域力再生, 人づくり
キーワード 障害者, 高齢者, 医療・薬事, セーフティネット(暮らしの安全・安心), 人材育成・人づくり, 雇用、労働, まちづくり, 府民参画、NPO・ボランティア
部局 健康福祉部, 商工労働観光部, 建設交通部
高齢者が住み慣れた地域で安心して暮らせる「あんしん社会」を構築するため、医療、介護、福祉のサービスを一体的に提供する「地域包括ケア」の実現に向けて、京都地域包括ケア推進機構(以下「推進機構」)を中心にオール京都体制での取組を推進するとともに、地域における人の交流の中で、高齢者一人ひとりが輝ける社会を実現

まゆまろ事業 向日が丘共生型地域づくり構想策定費

明日の京都 医療・福祉の安心
キーワード 障害者, まちづくり
部局 健康福祉部
向日が丘支援学校周辺を福祉エリアとして一体的に整備し、障害者等が集い共生できる地域構想を長岡京市と協働で策定する

「スポーツ王国・京都」推進費

明日の京都 人づくり, 文化創造
キーワード 障害者, 医療・薬事, 人材育成・人づくり, スポーツ・レクリエーション, 国際交流
部局 文化スポーツ部, 健康福祉部, 教育委員会
3年連続して開催される大規模な国際大会を契機に、スポーツ施設の整備をさらに進めるとともに、国際大会の試合・練習会場、合宿地の誘致や障害者スポーツの「裾野の拡大」と共生社会の実現、「競技力の向上」に向けた取組を進め、「スポーツ王国・京都」の実現を図る。

京都産業立地促進事業費

明日の京都 産業革新・中小企業育成
キーワード 障害者, 雇用、労働, 起業・創業、企業立地, ものづくり振興, 伝統産業, 地域振興
部局 商工労働観光部
「京都府企業立地促進条例(略称)」及び「京都府伝統と文化のものづくり産業振興条例」に基づき、税の特例措置や「雇用のための企業立地促進融資制度」による低利融資制度と併せて、本補助制度を効果的に活用することにより、企業等の誘致を促進し、雇用の安定・創出と地域の特性を生かした産業の集積を図る。

障害者雇用サポート強化事業費

明日の京都 働きの安心, 医療・福祉の安心
キーワード 障害者, 人材育成・就労支援, 雇用、労働, 経営支援・経営革新, 地域創生
部局 商工労働観光部
平成30年度の精神障害者雇用義務化に向けた取組をはじめ、それぞれの状況に合った支援を実施するため、相談から就職・定着までの一貫した就職支援の推進と、障害者雇用に取り組む企業へのサポート機能を強化

京都ジョブパーク推進費

明日の京都 働きの安心
キーワード 青少年, 障害者, 高齢者, 医療・薬事, 大学, 雇用、労働, 農業, 男女共同参画, 府立施設
部局 知事直轄組織, 商工労働観光部
京都ジョブパーク及び北京都ジョブパークにおいて、若年者をはじめ、中高年齢者や女性の方、障害のある方など幅広い府民の皆様を対象に、ハローワークと一体となって、相談から就職、職場定着までのサービスをワンストップで提供

府立学校施設整備費

明日の京都 学びの安心, 医療・福祉の安心
キーワード 障害者, 危機管理・防災, 義務教育, 高校教育, 府民参画、NPO・ボランティア, 府立施設
部局 教育委員会
府立学校の施設整備

新設特別支援学校整備推進費

明日の京都 学びの安心, 医療・福祉の安心
キーワード 障害者, 義務教育, 高校教育, 府立施設
部局 教育委員会
山城地域の特別支援学校における児童生徒の急増に対応するため、井手町と連携協力のもと、特別支援学校を新設する。

特別支援教育充実事業費

明日の京都 学びの安心, 医療・福祉の安心
キーワード 障害者, 義務教育
部局 教育委員会
小・中学校の通常の学級に在籍する発達障害のある児童生徒に対して、適切な教育的支援や支援体制の整備などを先導的に行うため、非常勤講師を配置し、小・中学校における特別支援教育の充実を図る。 ※発達障害:LD(学習障害)、ADHD(注意欠陥・多動性障害)、高機能自閉症等

府立高校特別支援教育支援員配置事業費

明日の京都 学びの安心, 医療・福祉の安心
キーワード 障害者, 高校教育
部局 教育委員会
府立高校に在籍する発達障害等がある生徒への支援体制を整備し、府立高校における特別支援教育の充実を図る。

障害者地域生活支援事業費

明日の京都 医療・福祉の安心
キーワード 障害者, 市町村振興・支援
部局 健康福祉部
障害者の地域生活に対する支援策を実施

障害者施設整備助成費

明日の京都 医療・福祉の安心
キーワード 障害者, 雇用、労働
部局 健康福祉部
障害者自立のための社会福祉施設の整備に対して助成する

障害者文化・スポーツ振興費(一部再掲)

明日の京都 医療・福祉の安心, 文化創造
キーワード 障害者, 文化振興・文化財, スポーツ・レクリエーション, 地域創生
部局 健康福祉部
障害のある人もない人も共に安心していきいきと暮らせる共生社会を実現するため、障害のある人の文化芸術及びスポーツ活動を推進する

コミュニケーション支援アプリ導入事業費

明日の京都 働きの安心, 医療・福祉の安心
キーワード 障害者, 雇用、労働, 府政運営
部局 健康福祉部
府民に対する窓口対応や聴覚障害のある職員が所属する職場に音声認識アプリを導入する

共生社会実現事業費

明日の京都 学びの安心, 働きの安心, 医療・福祉の安心
キーワード 障害者, 医療・薬事, 義務教育, 高校教育, 人材育成・学習支援, 人材育成・就労支援, 文化振興・文化財, スポーツ・レクリエーション, 雇用、労働, 府民参画、NPO・ボランティア, 府立施設
部局 教育委員会
「障害の有無に関わらず、様々な子ども達が同じ空間で学び地域とともに育つ」社会の実現に向けて、特別支援学校を新設するとともに、職業的自立に向けた教育を推進する。

羽ばたけ就労支援事業費

明日の京都 学びの安心, 働きの安心, 医療・福祉の安心
キーワード 障害者, 高校教育, 人材育成・就労支援, 雇用、労働
部局 教育委員会
府立特別支援学校児童生徒の職業的自立の促進、就労意欲の向上を目指すことで、企業就労につなげる

特別支援学校職業教育等充実事業費

明日の京都 学びの安心, 働きの安心, 医療・福祉の安心
キーワード 障害者, 高校教育, 人材育成・学習支援, 人材育成・就労支援, 雇用、労働
部局 教育委員会
府立特別支援学校児童生徒の職業的自立を促進し、希望進路を実現するための職業教育及び就労支援の充実を図る。

八幡支援学校職業学科設置準備費

明日の京都 学びの安心, 働きの安心, 医療・福祉の安心
キーワード 障害者, 人材育成・学習支援, 人材育成・就労支援, 雇用、労働
部局 教育委員会
府立特別支援学校児童生徒の職業的自立を促進し、障害のある生徒の中学校段階での進路選択の幅の拡大を図るため、産業構造の変化に対応した職業学科を創設する。

特別支援教育総合推進事業費

明日の京都 学びの安心, 医療・福祉の安心
キーワード 障害者, 医療・薬事, 義務教育, 高校教育, 文化振興・文化財, スポーツ・レクリエーション, 廃棄物・リサイクル
部局 教育委員会
発達障害を含む障害のある子ども一人一人の教育ニーズに応じて、自立と社会参加を目指す一貫した特別支援教育を推進する。 特別支援学校における文化スポーツ活動やボランティア活動等を通して、共生社会の実現に向けた地域社会との交流及び理解啓発を推進する。

歯と口の健康づくり事業費

明日の京都 医療・福祉の安心, 長寿の安心
キーワード 子育て・少子化, 児童福祉, 障害者, 高齢者, 医療・薬事, 健康づくり・健康対策
部局 健康福祉部
京都府歯と口の健康づくり推進条例に基づき、乳幼児期、学齢期、成人期、高齢期などライフステージや環境に応じた歯と口の健康づくり対策を推進する。

ヘルプ(H)

ヘルプウィンドウを閉じる

ブックマーク(D)

現在のページ

ブックマークリスト

ブックマークウィンドウを閉じる